顔脱毛ってどのくら痛いの?



顔に生えているムダ毛の大半は産毛なので、他の部位よりも脱毛は簡単、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようです。確かに、産毛は細く薄いのでワキやアンダーヘアの様な濃く太いムダ毛にと比べると処置が簡単な感じがしますよね。

しかし、実際には顔の脱毛は他の部位と比較して効果が出にくく、さらに痛みも強く感じやすいとされています。


顔脱毛で痛みを感じやすい理由は?

痛みを感じやすい理由1 皮膚が薄く敏感なため

脱毛の痛みは皮膚の薄さ・敏感さなど感じ方が異なってきます。その点、全身の中でも顔の皮膚は特に薄く、紫外線の影響を強く受けるため、痛みを強く感じる要因が揃っていると言えるでしょう。

また、メイクやクレンジング、洗顔などによる刺激や摩擦などを常に受けているため、肌ダメージが蓄積しやすいというのも、痛みを強く感じさせる一因となっています。

痛みを感じやすい理由2 ムダ毛の大半が産毛である



光脱毛やレーザー脱毛の場合、メラニン色素に作用する光を照射して高い熱を発生させ、その熱でムダ毛の発生源である毛根・毛母細胞にダメージを与えます。

この時、処理をするムダ毛に十分なメラニン色素があれば問題ないのですが、産毛のように色素が薄い体毛の場合、光が作用するメラニン色素が少なく、期待するような脱毛効果が得られないことが多々あります。

そういった場合、脱毛機器の出力を上げて施術を行う必要があるのですが、出力を上げると脱毛効果が上がる一方で、肌ダメージや痛みが増すという問題があります。

そのため、細く薄い産毛を多く処理しなければならない顔脱毛は、痛みが強く出やすいのです。

痛みを感じやすい理由3 日焼けをしていることが多いため

一年を通して紫外線対策に努めているという女性が大半だと思いますが、夏場などはどんなに気をつけていても日焼けをしてしまいます。日焼けした肌はメラニン色素が増えていることに加え、肌の奥底から乾燥しているケースがほとんどです。

そもそも、メラニン色素の増えた肌は脱毛効果が出にくいため施術に不適切なのですが、さらに乾燥をしていると肌のバリア機能が著しく低下しているため、刺激やダメージに対する耐性がない状態となります。結果、脱毛施術による痛みを感じやすくなってしまいます。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛の痛みはどのくらいなの?


顔脱毛の痛みはどのくらい?



顔脱毛は基本的に他の部位よりも痛みを感じやすい傾向にありますが、選択する脱毛方法によっても痛みの度合いが変わってきます。

ここでは、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の痛みについてご紹介していきましょう。

フラッシュ脱毛の場合

フラッシュ脱毛は3つの脱毛方法の中で最も痛みを感じにくい脱毛方法です。この方法で手足やワキなどを脱毛する場合は、ほとんど痛みを感じないとされています。

しかしながら、やはり顔脱毛の場合は軽い痛みや刺激を感じるという声が多く聞かれます。とはいっても、ピリッとした痛みやチリチリといった刺激に留まり、我慢する必要の無い程度です。

<関連記事>
ビキニライン(Vライン)脱毛の脱毛サロン選びは慎重にね!

レーザー脱毛

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と同様の仕組みで脱毛をしますが、より高い出力で施術を行うため、高い脱毛効果が得られます。しかし、出力が高い分肌が感じる痛みや刺激は強く、ゴムバンドでパシッと叩かれるような痛みや、手のひらで強くはたかれるような刺激を感じるケースが少なくありません。

多くの場合、痛みを軽減するためのアイシングを行いながらの施術となりますが、それでもフラッシュ脱毛とは比較できないほどの痛みを感じると考えて良いでしょう。

ただ、施術を重ねることで肌が傷みに慣れるということも多く「4回目頃から痛みが気にならなくなった」という体験談も少なからず見られます。

ニードル脱毛

現在行われているニードル脱毛は、絶縁針を用いた施術が主流となっています。絶縁針による施術は、極細の針を毛穴に挿入して電流を流し、毛母細胞を直接破壊するという仕組みになっています。

非常に脱毛効果や信頼性の高い脱毛方法ですが、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは比較にならない痛みを感じるというデメリットもあり、顔脱毛には向かないという意見も見られます。


確かに、ただでさえ痛みが強い脱毛方法なのに、顔のような敏感な部分に施術を施すなんて、想像しただけで背筋が冷たくなりますよね。

「絶縁針で顔脱毛を行っている数分の間に、痛みで何度も気を失いそうになった」
「施術中に脂汗が止まらず、体中に冷たくなった」


こういった体験談からも、その痛さが伝わってくるのではないでしょうか。

しかしながら、ニードル脱毛は脱毛効果がメラニン色素の量に左右されないので、産毛の脱毛も問題なく行えます。そのため、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で十分な効果が見られなかった産毛などに対し、部分的に用いられることもあります。


3つの脱毛方法をご紹介しましたが、痛みに対する不安をお持ちの方にはやはりフラッシュ脱毛が適していると考えられます。脱毛効果は最も低いですが、回数を重ねることで効果の低さをカバーすることが可能です。

<関連記事>
全身脱毛の料金と回数について


一時的な処理なら「糸脱毛」がおすすめ!



皆さんは糸脱毛ってご存じですか?

糸脱毛は台湾やインドなどで昔から行われている除毛方法で、指でピンと張った糸で顔の産毛を絡め取り毛根から抜き取るというものです。最近は欧米などでも糸脱毛を行うサロンなどが増えて来ており、日本でも注目を集めてきています。

糸脱毛が注目を集める理由とは

1.産毛が段々薄くなっていく

糸脱毛は産毛を剃るのではなく毛根から抜き取ることになるため、回数をかさねることで抑毛効果が得られる可能性があります。ただし、抑毛効果が得られるかどうかは個人差があり、脱毛のように誰でも必ず体毛が薄くなるという訳ではない点に注意が必要です。


2.マッサージ効果がある

糸脱毛は施術者によってやり方にバリエーションがありますが、基本的にピンと張った糸で肌を弾くようにしてムダ毛を処理するため、マッサージ効果が得られます。また産毛と一緒にムダな角質が取り除かれるため、美肌や化粧ノリの向上といった効果が期待できます。


このようにメリットの多い糸脱毛ですが、人によっては痛みを感じたり、肌荒れや吹き出物がある方は施術を断られたりといった一面もあります。チャレンジする際は、担当者にリスクの説明を受け、納得した上で施術に臨みましょう。

    < まとめ >

  • 顔は他の部位と比較して痛みを強く感じる傾向にある
  • フラッシュ脱毛は脱毛効果が低い反面、痛みが少ないため顔脱毛に向いている
  • レーザー脱毛は痛みが強く出る傾向にあるので、顔脱毛をする場合は注意が必要
  • ニードル脱毛の痛みは非常に強いため顔脱毛には不向き
  • 糸脱毛にはメリット・デメリットあるため、施術前にリスクの確認をしておくことが大切


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)