脱毛、医療機関なら保険が適用される?



高い脱毛効果や確実性を求めて、エステやサロンよりも医療機関の脱毛施術を検討しているという方は少なくありません。

しかし、近年エステや脱毛サロンでは価格競争が激化しており、数年前とは比較にならないほどお得な値段で脱毛を始めることができるようになっています。そんなエステ・サロンの安い料金を見ていると、どうしても医療機関の脱毛費用がとても高く感じてしまいますよね。

ここで「医療用レーザーや電気針脱毛に保険が適用されればいいのに……」と考える方も多いと思いますが、残念ながら基本的に医療機関の脱毛は保険適用外です。

今回は、医療機関の脱毛施術がなぜ保険適用外なのか、適用されるケースは本当にないのかといった点を考えていきたいと思います。


脱毛は保険が適用されるの?


医療脱毛は健康保険が適用される?されない?

先に結論を書いてしまいましたが、医療機関で脱毛施術を受けた場合、保険は適用外となります。クリニックや病院で受ける施術だからといって、保険が使える訳ではありませんので要注意です。

健康保険は「病気やケガに対して、診断・治療にかかる費用の一部を国や会社が負担する保険」と定義されています。

そのため、病気以外の施術、つまりムダ毛を脱毛する医療脱毛や、容姿を調え整形することを目的とする美容整形、見た目重視で歯並びをよくする歯科矯正などは、健康保険の適用範囲外と判断されます。


なお、医療機関の診療には「自由診療」と「保険診療」がありますが、脱毛施術は基本的に自由診療とされます。

・自由診療…保険が適用されない診療。治療費はすべて自己負担となる
・保険診療…保険が適用される診療。治療費の一部が自己負担となる


ムダ毛は病気のために生えているものではなく、むしろ人体を守る役割を担って存在しているものです。体毛が生えるのは自然なことであり、病気とはなり得ません。このことを考えれば、ムダ毛の脱毛が保険の適用にならないことが簡単にお分かりいただけると思います。

<関連記事>
デリケートゾーン脱毛にかかる期間ってどのくらい?

自由診療となる脱毛施術、費用はどうやって決められる?



意外に知られていないことですが、自由診療である医療機関の脱毛には、共通の料金の規定はなく、クリニックや皮膚科側が診療にかかる料金を自由に決めることが可能です。よって、施術を受ける医療機関によって料金が大きく異なることも少なくありません。

最近は、エステやサロンとの価格競争にのる形で非常に安い料金を提示しているクリニックなどがあります。しかし、そういった医療機関では、オプションが高額であったり、ドクターズコスメの押し売り・勧誘が強引であったりと、なにかと問題があるケースが多く見られるので注意が必要です。

脱毛目的で医療機関を選ぶ場合には、口コミや実際に通っている方の実体験などをよく調べ、悪質な施術を行っている所を避けるよう気をつけて下さい。

<関連記事>
全身脱毛、安ければよいとは限らない?

保険が適用される場合について



美容目的の脱毛は保険適用外となっていますが、多毛症など病気によって脱毛が必要と判断された場合は、保険診療を受けることができる場合があります。

多毛症ってなに?

多毛症とは、軟毛(柔らかい毛)が硬毛(かたい毛)に変化する症状のことを指します。その字面から体毛の数が増える病気と考えられがちですが、そうではないんですね。

ちなみに、人間の体毛は軟毛と硬毛に大別されますが、それぞれ生えている場所が異なります。例えば、色素を多く含み長く硬い毛である硬毛は、髪の毛、まつげ、陰毛、腋毛、ヒゲなどが該当しますが、多毛症になるとその他の部位の柔らかく細い毛が、太く濃くなってしまいます。

<関連記事>
Vライン脱毛でV全体の毛を薄くすることはできる?

多毛症になる原因は?

主な原因として挙げられるのは「薬の服用や特定部位に腫瘍ができることによる、男性ホルモンが過剰産生」だとされています。

多毛症は男性女性に関わらず見られる症状ですが、女性の場合、男性ホルモンが副腎と卵巣で作られるため、副腎や卵巣の疾患が原因であるケースが多いとされています。また、多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)が多毛症の原因として最も大きなものとされています。

多毛症はホルモンバランスの乱れによって起こる症状であるため、治療ではホルモン療法が用いられますが、同時に脱毛を実施されるケースがあります。この時に行われる脱毛施術は、医療行為に当たると判断され、保険適用になる場合があるというわけですね。


多毛症治療で医療脱毛が実施される時

・美容目的ではない
・多毛症の治療に用いられる



と判断されれば、保険が適用になる可能性があります。多毛症でお悩みの方は、保険が適用できるかどうか、担当医に相談をしてみられることをおすすめします。

    < まとめ >

  • 医療脱毛は自由診療のため保険の適用範囲外
  • 多毛症の場合は保険が適用されることがある
  • 多毛症は男性ホルモンの過剰産生によって起こる症状
  • 多毛症の治療にはホルモン療法と医療脱毛が用いられる
  • 多毛症治療の医療脱毛は保険診療となる場合がある


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円