脇脱毛って服は脱ぐの?



脱毛をこれから始めようとお考えの方の多くが、脇脱毛を入り口としてサロンに通うことをお考えだと思います。最近は脇脱毛のキャンペーンも増えてきましたし、ワキは施術部位も小さいので、お試しにはぴったりですよね。

そんな脱毛を始めるにあたってのハードルが低めのワキ脱毛ですが、実際に申し込むとなると、色々と疑問や心配がでてくるもの。「どんな格好で施術を受けるの?服は脱がなきゃダメなの?」といった不安をお持ちの女性も多いようです。

そこで今回は、脇脱毛の恰好や脱毛施術を受ける際の施術着についてご紹介していきたいと思います。皆さまの不安が少しでも解消できれば幸いです。


脇脱毛って服は脱ぐの?



脱毛サロンやクリニックでは、基本的に私服を着たままの施術はNGとなっています。とはいえ、エステの全身施術などとは異なり、脱毛部位の広さに限らずサロンが用意する施術着を着用しますので、まずは安心して下さいね。

脇脱毛はキャミでもOK!

ワキのような小さなパーツを施術する場合は、無駄に大きく肌を露出しなくて済むよう配慮されており、下にキャミソールを着用していれば、上に着ている服だけを脱げばOKというサロンもあります。その場合は、ブラ付きキャミソール等が便利でしょう。

キャミソールや下着がジェル等で汚れたくないと言う場合には、サロンの施術着に着替えても良いですし、キャミの上から覆う形で着用するのもアリですよ。サロンによって対応は異なりますので、カウンセリング時に確認して置くと良いでしょう。

施術着の種類

脱毛サロンやクリニックで用意されている施術着には、次のようなものがあります。

1.ラップタオル

ラップタオルはタオル地で作られた施術着のひとつで、見た目から巻きタオルやスカートタオルと呼ばれることもあります。主に水着を着用する時などに使用されるため、着替えタオルと言われることもあります。

形状は大きなサイズのバスタオルにゴムやスナップが取り付けられていて、着用後の見た目は胸元で留める巻きスカートのようです。

ラップタオルは脱ぎ着がしやすいだけでなく、必要な部分だけ肌を露出させながら施術をしやすいというメリットがあるため、多くのサロンで採用されています。

2.キャミソールタイプ

ワキなどを含め、上半身だけの脱毛となる場合によく使われるのが、キャミソールタイプの施術着です。キャミソールは、着替えの手間や露出範囲を最小限度に抑えることができるので、施術を受ける顧客にメリットが大きい施術着だといえるでしょう。

キャミソールタイプの施術着の中には、ボトムやスカートがセットになっているものもありますが、脇脱毛では基本的にキャミソールだけを使用し、下半身は私服でOKです。

3.ベアトップのワンピースタイプ

全身脱毛などの場合に使用されることが多いのが、ベアトップワンピース型の施術着です。このタイプはタオルラップ型の施術着と同じように脱ぎ着が楽で、どのような部位も施術がしやすいため、多くのサロンで使用されています。

脇脱毛単体の場合、ベアトップワンピースを使用することはほとんどありません。ただ、ワキと同時に脚やVIOラインなどを施術する場合は、このタイプの施術着に着替えることもあります。

このように、脱毛サロンやエステでは施術内容や脱毛する部位に合った施術着が用意されています。これらの施術着は、施術を受ける方が羞恥心を感じなくて済むように、そして担当スタッフが施術しやすいように工夫したデザインとなっています。

<関連記事>
Iライン脱毛、施術前に必要な準備って?

とはいえ、脱毛サロンに通う方の中には

「しっかりクリーニングされていても、他人が着たものには抵抗がある」
「肌が弱いので、施術着の素材が心配……」

という意見をお持ちの方もいらっしゃると思います。そういった場合は、通うお店に相談することで、私服での施術に対応してもらえる可能性もあります。


ただし、サロンでは脱毛施術時にジェルを塗布することがほとんどですので、衣服にそのジェルが付着する可能性もあります。私服での施術を希望する場合は、その点を納得しておくことが必要です。

施術時の服装に関する対応はサロンによって異なりますので、不安な方は初回カウンセリングの段階で確認を取っておき、柔軟に対応してくれるお店を見つけておくことをおすすめします。

<関連記事>
全身脱毛、施術時の体勢や格好は?


その他、トップスを脱がなくてもOKな脱毛部位



脇脱毛では、基本的にトップスを着替えるだけで施術することが可能です。では逆に、トップスはそのままで、下半身だけ着替えて施術OKとなる部位とはどこなのでしょうか?

1.VIOライン

VIOラインは上半身は着替えず、スカートタイプの施術着と専用の紙ショーツを着用するだけで施術OKとなるケースがあります。

ただ、スカートタイプの施術着を単体で用意しているサロンは意外に少ないので、VIOライン単体の施術でも、ラップタオルやベアトップのワンピースタイプの施術着を渡されることが少なくないようです。

<関連記事>
Vライン脱毛、どこからどこまで脱毛できる?

2.足、ひざ下など

脚やひざ下のみの施術の場合、軽い素材のフレアスカートなどを着用していくことで、施術着へ着替えなくても施術OKとなる場合があります。足の甲や足指などを脱毛する場合は、着替えをしなくても良いかどうか確認してみると良いでしょう。

しかし、すねや膝などを施術する場合はスカートをまくし上げられるため、スカートがしわになったり、ジェルが付着して汚れたりする場合があるので注意が必要です。

    < まとめ >

  • 脱毛施術では基本的に施術着への着替えが必要
  • 施術着はいくつか種類があり、脱毛内容や施術部位によって使い分けられる
  • どうしても施術着に抵抗がある場合は、着替えをしない施術を相談することができる
  • 部位によっては、施術着に着替えなくても施術できる場合がある


ワキ脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

ミュゼ・プラチナム
ミュゼ・プラチナム
ワンコインでワキ+Vラインの脱毛完了コースが受けられるとあって、幅広い世代の女性から絶大な支持を得ている人気脱毛サロンです。お得になる様々なキャンペーンも魅力ですよ。

価格:300円(両ワキ+Vライン+好きな部位2か所)※Web予約限定
ジェイエステ
ジェイエステ
創業37年と老舗脱毛サロンならではの技術力や信頼度の高さは業界随一。両ワキ脱毛は5年間無料保証つき。ツルツルすべすべになる美肌脱毛コースが人気です。

価格:300円(両ワキ+Vライン+好きなパーツ2か所)
TBC
TBC
TBCでは、光脱毛に加え、脱毛効果の高いTBCスーパー脱毛を取り入れています。悩みの種だったワキのムダ毛を徹底的に処理したい!という方におすすめです。

お試し価格:1,000円(1回)
ライト脱毛価格:6,000円~(1回)
スーパー脱毛価格:130円~(1本)