全身脱毛、施術時の体勢や格好は?



身体全体の施術を行う全身脱毛ですが、いざはじめるとなると気になるのが、どういった姿・どういったスタイルで処理を受けることになるのか?ということですよね。

ワキや手足などの部分脱毛であれば、施術スタッフに素肌をさらす部分も少なく、無理な姿勢や体勢を取る必要がないことが分かります。


しかし、全身脱毛となると「施術の際は全裸にならなくてはならないの?」「施術する部分によっては、辛い体勢を取らされることがあるのでは…」など、色々な不安が出てくると思います。

そこで今回は、全身脱毛ではどのような体勢や格好をしなければならないのか、その実態についてご説明していきたいと思います。


全身脱毛にはどんな服装で通えば良いの?

全身脱毛をするにあたり、脱毛サロンやエステの方から「こういった服装で来店して下さい」という指示があることはまずありません。

特に推奨される服装などもなく、お好きな服装で問題はありませんし、会社帰りなどであればビジネススーツなどでも大丈夫です。

ただし、サロンでは専用の施術着に着替えることになるため、短時間で脱ぎ着できる服装であるのが望ましいと言えるでしょう。


また、施術後の肌は敏感になっているため、あまり身体にフィットするタイプの服装をして来店すると、着替えをする際や帰路の行動などによって肌が刺激を受け、肌トラブルを起こす危険性があります。

なので、なるべく肌に優しい素材でできたゆったりとした服装を選択するのがおすすめです。

<関連記事>
Iライン脱毛についてもっと知りたい!

全身脱毛では全裸にならなければならないの?



全身脱毛は裸で施術を受けるものなの?といった疑問や不安を抱いている方も多いようですね。結論から言うと、サロンやエステで全裸になる心配はありません。

全身脱毛という言葉からは「一度の施術で全身くまなく脱毛する」という施術をイメージしがちです。しかし、全身脱毛は通常、一回の施術で全身を処理するのではなく、3~4箇所のパーツに分けて段階的に施術していきます。

例えば、1回目は「ひざ下+ひざ上+太もも」2回目は「ひじ上+ひじ下+脇」3回目は「VIOパーツ」といった感じですね。


そのため、施術の際に全裸になる必要はまったくなく、部分脱毛同様、専用の施術着を着用して、処理する部分の肌だけをスタッフの方にさらす、という形となります。

また、背中から腰にかけてなど広範囲のパーツを処理する場合は、一時的に全裸に近い姿となることもありますが、その際も専用の紙製ショーツや紙ブラジャーを着用することになりますので心配はいりません。

全身脱毛では、女性の羞恥心や不安を取り除くための工夫や配慮が随所にみられますので、安心して施術に臨んでみて下さい。


全身脱毛中に着用する施術着ってどんなもの?



全身脱毛中に着用する施術着は、各サロン・エステによって異なりますが、一般的にはガウンタイプのものや、ボタンや紐などでパーツを留めるワンピースタイプのものとなっています。

多くの場合、処理をする各部位を露出しやすいような工夫がなされたコスチュームとなっているので、施術中に脱ぎ着などの手間を必要とすることなく、効率良く処理が進められるようになっています。

また、施術着はその性質上、薄く柔らかな素材が採用されていることが多く、半袖タイプなどの軽快な作りのものが多くなっています。

こういったコスチュームに「寒さや乾燥が気になる」という方もいらっしゃるかもしれませんが、施術中にはバスタオルを掛けてくれたり、乾燥を防ぐためのジェルなどを塗布してくれたりする気遣いもあるので安心して下さい。


そして、全身脱毛でもっとも気になるのがVIO部分のことでしょう。デリケートゾーンの施術となるため「VIOパーツを処理する場合は、下着は身につけられないのだろうか……」と、大きな不安を抱えている方もいらっしゃるかもしれません。

この点についてもしっかりと配慮されていて、ほとんどのサロンやエステでは専用の使い捨ての紙ショーツが用意されています。

使い捨てのショーツを着用する理由には、

  • 顧客の方の羞恥心に配慮できる。
  • 施術中使用するジェルなどが顧客の下着に付着して汚れることを避ける。
  • ずらしやすい専用ショーツを利用することで、施術時、最低限の露出で済ませることができる。

などがあります。


VIO部分に関しては精神的にもデリケートな問題が関わってきますので、露出部分を最小限度に抑えられるよう、紙ショーツを少しずつずらしながらの処理となります。

初めのうちはそれでも羞恥心を抱くこともあるかもしれませんが、脱毛を重ねることによって「施術を行う際にどれだけ配慮されているのか」「プロが相手の施術のためこだわりは必要ない」といったことが理解できてくるので、次第に慣れてくるはずです。

<関連記事>
全身脱毛の痛みってどのくらいなの?


施術中はどのような体勢・姿勢をとるの?



全身脱毛は身体全体の処理となりますので、各部位によって施術しやすい姿勢を指示されることになります。

基本的には施術台の上に仰向けorうつぶせの姿勢を取り、処理する部分によって「腕を上げて下さい」「身体を半身にして下さい」「膝・ひじを曲げて下さい」などスタッフの方からの細かな指示が出されるので、それにしたがって体勢を変えていけば問題ありません。

少し特殊なのが身体の奥まった部分にあるVIOパーツですが、この場合も片膝を立てて外側に倒し、必要な部分だけが露出される形にするなど、顧客側の負担がなるべく少なくて済むような体勢になるよう配慮されているので安心して下さい。

デリケートゾーンの施術となると、下着を脱いで脚を広げなくてはならないのでは?なんて心配される方もいらっしゃいますが、そういった羞恥心を刺激するような無理な体勢を取らされることはありません。


また、施術中には脱毛しない部分にバスタオルやタオルをかけるなどして、できる限り肌の露出を抑えるような配慮がされています。

そもそも、エステやサロンで提供されるサービスは「顧客をいかにリラックスさせるか、心地よくさせるか」という部分に重点がおかれています。

そういったサービスにおいて、羞恥心を煽るようなことをしたり、苦痛を感じさせる体勢を取らせたりといったことは、まず行われないので安心してください。


そのため、全身脱毛では恥ずかしさや身体的な辛さを可能な限り軽減できるよう、様々な工夫や気遣いが行われています。イメージや不安に囚われることなく、まずは無料カウンセリングを受けるなど一歩踏み出してみて下さい。

カウンセリングでは、実際に施術を受ける際の施術着や体勢などについても詳しく説明してもらえるので、きっと心にある疑問や不安なども解消できるはずですよ。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、悩みがあっても施術はできる?


全身脱毛のサロン選び、雰囲気も大事に!

全身脱毛でありがちな疑問に対する回答について、以下でまとめました。

    < まとめ >

  • 全身脱毛は全身を数カ所のパーツに分けて処理していくため、全裸になる必要はない。
  • 服装に制限はないが、なるべく脱ぎ着しやすいゆったりとした服装が望ましい。
  • 施術中に着用する施術着は、各部位が露出しやすいよう配慮された専用のもの。
  • VIOなどのデリケート部位の施術の際は、専用の紙ショーツを着用する。
  • 施術は基本的に細かな指示に従って体勢を変えていく。

料金や回数なども大事ですが、サロンの内装やスタッフの雰囲気、サービスのクオリティなども、通っていくうえではとっても重要になっています。

下記では、全身脱毛でおすすめの脱毛サロンを紹介しているので、ぜひサロン選びの参考にしてください。


 全身脱毛の脱毛サロン、おすすめは?



全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33箇所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)