風邪薬を飲んでも脱毛できる?



脱毛サロンの初回カウンセリングの際、注意事項として「薬の服用中の施術はお断りする場合がございます」という説明を受けます。

確かに、脱毛は肌に与えるダメージはゼロではありませんし、肌や身体に熱がこもる可能性もあるため、服薬中の心身に予期せぬ作用を及ぼす可能性があるかもしれません。


とはいえ、脱毛は年単位の長いお付き合いになることも多く、予約日近くに体調を崩して服薬したり、春先に花粉症の薬が手放すことができなかったりなど、施術日前後に服薬をせざるを得ないケースも考えられます。

では、服薬をしたら必ず施術を断られるのでしょうか?今回は、服薬と脱毛施術の関係について考えていきたいと思います。


風邪薬を飲んでも脱毛できる?



市販薬の代表格とも言える風邪薬ですが、服用した場合、脱毛施術は断られてしまうのでしょうか?

結論からいえば、市販の風邪薬であっても病院で処方された感冒薬であっても、服用した場合施術を断られるケースがほとんどとなっています。その理由は、薬の副作用にあります。


市販の風邪薬には抗生物質が配合されたものが多く見られますが、このタイプの薬を服用すると、肌が通常の状態よりも熱に過敏になってしまうことがあります。

脱毛サロンやエステで主流となっているフラッシュ脱毛は、メラニン色素にと特殊な光を作用させて熱エネルギーを発生させ、その熱で脱毛を行っていきます。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

そのため、薬の副作用で熱に過敏になっている肌に施術を行った場合、炎症や火傷、強い痛みなど、思わぬ肌トラブルを引き起こす危険性があるのです。

風邪薬というと、薬の中では副作用があまりないという印象があるかもしれませんが、こと脱毛においては肌トラブルの発生を招く怖い存在になります。


「市販の風邪薬を飲んだけど、お店に言わなければ大丈夫じゃないかな?」

なんて自己判断はせず、予約日の前日・当日に風邪薬を服用した場合はスタッフに早めに申告し、施術が可能であるかどうか、不可能な場合は予約の振替ができるかどうか確認しておきましょう。


なお、花粉症役などにも抗生物質が含まれたものが多いので、服用の際はサロンスタッフに相談することをおすすめします。薬の種類や配合された成分によっては、施術が可能となる場合もあるようですよ。

<関連記事>
Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!


服用しても脱毛OKな薬、NGな薬は?

基本的に、脱毛サロンでは「薬を服用中は施術NG」という姿勢をとっていますが、薬の種類によっては施術に対応してもらえることもあります。

次に、脱毛に影響をあまり与えないと考えられる薬と、脱毛に影響を与える薬をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

服用しても脱毛OKの薬



脱毛サロンは医療機関ではないため、服用している薬が脱毛施術にどのような影響を与えるか判断することができません。また、施術中に服薬が原因と考えられる副作用や肌トラブルが起きても、適切な処置を行えないという問題もあります。

そのため、基本的に「服薬をした場合は薬を問わず施術NG」という姿勢をとっていることを理解しておきましょう。

とはいえ、カウンセリングの段階で常用している薬などについて相談することで、服薬しても施術OKになるケースもあります。

例えば、漢方薬や便秘の薬、低用量ピルなどの場合は、相談の上、施術OKとなることも多いようです。但し、医師の診断書や同意書が必要となるケースが少なくありませんので、事前準備が必要だということを覚えておきましょう。

<関連記事>
生理中でもVIO脱毛はできるの?

服用すると脱毛NGの薬とは?



脱毛サロンでNGとされる薬には、脱毛施術の妨げになるためNGとなるものや、脱毛効果に作用するためNGとなるものなどがあります。


・抗生物質、解熱鎮痛薬、抗真菌薬

脱毛期間中に特に注意したいのが、抗生物質や解熱鎮痛薬、抗真菌薬の3つです。これらは薬局などでも市販薬として入手できる珍しくない薬ですが、副作用として「光線過敏症」があるため、脱毛ではNGとされています。

光線過敏症とは、その名の通り光に対して過敏になるという症状で、光を浴びた皮膚に赤みが生じたり、かゆみが起こったりしやすくなり、ひどい時には皮膚炎などが引き起こされます。

そのような副作用が起きている状態でフラッシュ光を皮膚に照射したら……、考えただけで怖いですよね。特に抗生物質や抗真菌薬などは、様々な市販薬に配合されているので要注意です。


・女性ホルモン製剤やピルなど

生理中はホルモンバランスが崩れているという理由から、脱毛施術は不可となっています。また同様に、女性ホルモン製剤やピルといったホルモンバランスに働きかける薬を服用している場合にも、脱毛効果が正しく出ない可能性があるという考えから、施術を断られるケースが多く見られます。

但し、低用量ピルであれば施術OKとしているサロンも多いため、スタッフに相談することで薬の服用中も脱毛できる場合があります。

とはいえ、自己判断はやはり避けるのが賢明です。服用している薬の成分や作用・効果によって施術ができるかどうか変わってきますので、まずは主治医に相談し、脱毛の許可を取った上で同意書を提出するのが一番だと覚えておきましょう。

    < まとめ >

  • 市販の風邪薬であっても、服用後は脱毛施術を受けることはできない
  • 抗生物質、解熱鎮痛薬、抗真菌薬といった薬には「光線過敏症」という副作用があるため、脱毛中の服用は特に気をつけよう
  • 女性ホルモン製剤やピルなどは、脱毛効果を抑制する可能性があるため施術NGとなることが多い
  • 便秘薬や低容量ピルなどは、医師の診断書と同意書を提出することで服用OKとなることがある
  • 薬の服用については自己判断を避け、主治医やスタッフに必ず相談することが大切

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)