妊娠すると、またムダ毛は生えてくる?



妊娠すると様々な身体の変化が見られるようになりますが、女性としてとても悩んでしまうのが、ムダ毛に関する問題です。個人差はありますが、多くの妊婦さんが「体毛が濃くなる」という変化を実感し、処理に関して悩みを抱いていると言われています。

妊娠中にムダ毛が濃くなるはっきりとした原因やメカニズムは解明されていませんが、高い確率でおなか周りに濃い体毛が渦を巻くように生えてきたり、産毛が濃く太くなったりするケースが多いようです。また、この現象は妊娠前に脱毛を行っていた方にも例外なく見られるものです。

今回は、妊娠中のムダ毛の変化やその処理について考えていきたいと思います。


妊娠するとムダ毛が生えてくるって本当?



妊娠中期に入るとおなかが膨らみはじめ、赤ちゃんの存在をより一層強く感じることができるようになります。同時に、この時期は体毛に変化が起こりやすくなる時期でもあり、おなか周りの体毛が濃くなったことに気付き「毛深くなってしまった……」と、少なからずショックを受ける妊婦さんも多いようです。

実際、妊娠中期から後期にかけて、おへその周りや腹部全体の体毛が濃くなり目立つようになったという妊婦さんは多くいらっしゃいます。


これは、妊娠によるホルモンバランスの乱れが主な原因とされており、一説によると、腹部を守るために周辺の体毛が濃く太くなるという防衛機能の表れという考えもあるようです。

ある時期を境に毛深くなるというのは、女性にとってショックが大きな出来事ではありますが、この体毛の変化は一時的なもので、出産後しばらくすると元に戻るので安心して下さい。


ちなみに、体毛の変化は個人差が大きく、腹部周辺の体毛だけが濃くなるという方や、お腹だけでなく手足など全身のムダ毛が濃くなる方、濃くなるどころか薄くなるという方もいらっしゃいます。

<関連記事>
Vライン脱毛、どこからどこまで脱毛できる?

妊娠するとなぜお腹の毛が濃くなるの?



妊娠中期から後期に体毛の変化が起こるのは妊婦さんに共通していますが、その変化の具合は人それぞれです。

「全体的に少し濃くなったかな?」
「おへそ周りのムダ毛が濃くなって渦をまいている!」
「みぞおちからVラインまで縦に生えたムダ毛で繋がってしまった……」

などなど、お腹の毛の変化に驚き悩む方は少なくありません。


体毛の増加量や太さや濃さの変化の状態は人それぞれですが、共通しているのは「特にお腹周りのムダ毛が濃くなる」ということです。この体毛が濃くなるメカニズムは解明されていませんが、有力視されているのは、やはりホルモンバランスの変化です。

妊娠中期(妊娠20週頃)から、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロテスゲン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになりますが、これらの女性モルモンが、メラニン色素を生成するメラノサイトという色素細胞を刺激し、メラニン色素を沈着しやすい状態を作っているのではないかと考えられています。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、どのくらいの回数通えばいい?

実際、お腹周りのムダ毛の本数が著しく増加するというよりも、元々生えていた体毛の一本一本が濃く太くなり、ムダ毛が急に増えたように見えることが多いようです。

また、妊娠中はお腹周り以外にもメラニン色素の影響が見られることが多く、ワキやバストトップが黒ずむといった変化が見られることも少なくありません。


こういった変化は女性にとっては歓迎するものではなく、どんどん濃くなる体毛や身体の各所に見られる黒ずみなどのために、悩んだり気落ちしたりする方も少なくありません。中には自分の体毛の濃さが恥ずかしいあまり、医師や助産師さんに身体を見せることが苦痛になるという妊婦さんもいらっしゃるほどです。

しかし、妊娠中に体毛が濃くなるのは赤ちゃんを守るための自然な現象と考えられていますし、医師や助産師、看護師さんも妊婦さんの体毛の変化について重々承知されています。


妊娠中に毛深くなるのは、女性の正常な身体の在り方ですし、ほとんどの妊婦さんに見られる変化でもあります。特別なことでも恥ずかしいことでもありませんので、「みんな一緒だ」と気持ちを切り替えるのも大切かもしれません。


妊娠中のムダ毛処理は注意して!



妊娠中期から後期にかけての体毛の変化は、産後に自然と元に戻ると言われています。妊娠前の状態に戻るタイミングは人それぞれですが、一般的には、ホルモンバランスが落ち着く出産半年後くらいから体毛が元に戻るケースが多いようです。

そのため、濃くなった体毛・ムダ毛の処理や対策は特に行う必要はないとされています。とはいえ、妊娠中にどうしてもムダ毛を処理したい、キレイな肌の状態を保ちたい、という方もいらっしゃると思います。

<関連記事>
全身脱毛にはどのくらいの期間がかかるの?

特に、ムダ毛が濃くなったことが大きなストレスとなっている場合などは、思い切って処理してしまった方が心身の負担が軽減するという見方もできます。

本来であれば、妊娠中の肌は非常にデリケートな状態にあるため処理を控えるのが一番なのですが、どうしても処理をしたい場合は、以下のポイントに注意し、自己責任の上慎重に行うようにして下さい。

1.自己処理にカミソリや毛抜きを使用しない
カミソリや毛抜きは肌ダメージが非常に大きく、妊娠中の敏感な肌に使用するにはリスクが大きすぎる道具です。処理前後のケアや保護で軽減できるダメージには限度がありますので、カミソリや毛抜きは使用しない方が無難です。

2.除毛クリームもNG
除毛クリームはカミソリや毛抜きよりも安全性が高いように思えますが、チオグリコール酸カルシウムというタンパク質を溶かす作用のある成分が主成分であるケースが多いため、妊娠中の敏感な肌には使用NGです。

3.顔用電気シェーバーで慎重に処理する
自己処理のツールとしてぎりぎり合格ラインにあるのは、肌に刃が直接当たらないよう設計された顔用シェーバーです。

しかし、ただ顔用シェーバーで処理しただけでは肌ダメージを防げませんので、処理前に蒸しタオルで肌と毛を柔らかくする、専用のフォームを使用する、処理後は刺激の少ないクリームやローションでしっかり保湿するなど、施術前後のケアも十分行いましょう。


なお、妊娠中はフレッシュ脱毛やレーザー脱毛を受けることができませんので、ムダ毛処理は自己処理のみとなることを覚えておいて下さいね。

    < まとめ >

  • 妊娠中期から後期にかけて体毛が濃くなるのは珍しくない
  • 妊娠中に体毛が濃くなるのはホルモンバランスの変化が関係していると考えられる
  • 妊娠中は肌が非常にデリケートになっているため、ムダ毛処理は避けるのが無難
  • どうしても自己処理したい時は、細心の注意を払って処理することが大切
  • 妊娠中はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を受けることはできない


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)