なぜスポーツ選手はムダ毛が薄いの?



オリンピックやスポーツの世界大会などを観戦していると、肌がとてもキレイな選手が多いと感じませんか?

体つきや骨格、筋肉の付き方が美しいのは当然のことですが、アスリートの多くが体毛が薄く、ムダ毛のないツルツルの肌をしています。そんなアスリートに憧れを抱くのと同時に「なぜこんなにムダ毛が薄いんだろう?」と疑問を感じることありませんか?

今回は、なぜアスリートはムダ毛が薄く肌がキレイなのか、考えていきたいと思います。


スポーツ選手が脱毛する理由

勝利のためのムダ毛処理!?



最近はハイビジョンテレビや、それ以上の画質を実現する4Kテレビも普及しはじめ、人物の肌質や肌理までクリアに見ることができるようになりました。テレビの地デジ放送が終わりハイビジョンに移行する際、女性アナウンサーが毛穴やシミ、しわ隠しが大変になる!と戦々恐々としたという笑い話もありましたね。

話をスポーツ選手に戻すと、アスリートの場合は高画質の画面で見れば見るほど、その肌の美しさが確認できます。


スポーツで肌を露出する競技の代表格は競泳ですが、競泳を見ていると男女問わずムダ毛がほとんどないことに気付きます。これは、競泳選手は男女問わずムダ毛処理にかなり気を配っているからに他なりません。

欧米の男性はムダ毛がある方がセクシーといった風潮があるとも聞かれますが、男性の競泳選手でムダ毛がある人は見られませんよね。


実は、競泳ではタイムを縮めるため「いかに水の抵抗を少なくするか」を追求する競技なのですが、水の抵抗を極力少なくするため、体中の体毛を処理しているのです。

また、競輪選手の場合は風の抵抗を軽減することが非常に重要になりますが、競泳選手と同じく体毛を剃って対処している方がほとんどです。なお、競輪選手の場合は、すね毛などがチェーンに巻き込まれることを防ぐ意味で脱毛・除毛しているケースも多いようです。


他にも、ユニフォームを着用する競技の場合は、ユニホームと体毛が摩擦を起こして皮膚が傷つくのを防ぐ、汗などの蒸れによって集中力が途切れるのを予防するという目的で、アンダーヘアを含む全身のムダ毛を処理しているとも言われています。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、ブラジリアンワックスってどう?

美しさを追求するためのムダ毛処理



数あるスポーツの中でも、特に美しさが重要視されるフィギュアスケートでは、演技だけでなくメイクや衣装、選手の持つ雰囲気など、細部にわたって非常に細かく点数がつけられます。

フィギュアスケート選手は演技の際、肌色のタイツを着用して衣装を身につけますが、そのタイツの下からムダ毛が見えるなんてことは、絶対許されないNG事項です。


確かに、背中が大きく開いた衣装を身につけているのにムダ毛が透けている、足を高く上げるごとに不快なものが見えるとなれば、美を競う競技では大きな減点をされても当然のことだと言えますよね。

美を競う競技としては、他にも新体操やシンクロ、社交ダンスなどがありますが、これらもフィギュアと共通してムダ毛処理が非常に重要だとされています。


スポーツ選手はどんな方法でムダ毛処理をしているの?



スポーツ選手の場合、老若男女問わず自分でマメに自己処理をしていると言われています。試合の前日にシェーバーなどで丁寧にムダ毛を剃り、万一に備えて、試合当日も携帯用シェーバーを持参するなど、ムダ毛処理には相当神経を使うようです。

あるプロ野球選手はインタビューで、アンダーヘアがスライディングパンツに挟まれたり、動くごとにすれてしまったりすることを防ぐため、日常的にバリカンでアンダーヘアを剃って処理していると答えていました。


とはいえ、女性アスリートや公の大会に頻繁に出場するスポーツ選手ともなると、自己処理リスクを避ける意味で、永久脱毛をしている方がほとんどです。

確かに、試合や大会前にムダ毛処理に労力を費やすのは厳しいことですし、ケガや炎症などの自己処理のリスクを考えれば、永久脱毛をして競技に集中する方がはるかにメリットが大きいですよね。


このように、スポーツ選手の輝かしい記録や実績の裏では、全身のムダ毛対策というもう一つの戦いが繰り広げられているのです。アスリートの肌が美しいのは、その戦いに勝利しているからこそなんですね。

私たちもアスリートの姿勢を見習って、正しいムダ毛処理や全身脱毛を行って美しい肌を手に入れたいですね。

<関連記事>
全身脱毛の料金と回数について

アンダーケアの処理に対する欧米と日本の考え方の違い



日本でもVIO脱毛が少しずつ普及し始めていますが、まだまだ女性がやるものという意識が強く、男性がアンダーヘアを処理するという習慣はありません。

しかし、欧米諸国、特にイギリスやフランス、ドイツなどでは、男性女性を問わずアンダーヘアを処理することが一般的となっています。これは、アスリートに限ったことではなく、一般の人にも当てはまります。

実は、欧米諸国ではアンダーヘアの処理がヒゲ剃りと同等のものと考えられているそうで、他人を不快にさせないためのマナーとされています。

<関連記事>
Vライン脱毛、気になる男性側の反応は?

そのため、イギリスやフランス、ドイツなどで活躍する日本人アスリートの中には、シャワールームで陰部のムダ毛を処理していないことを指摘され、マナーがなっていない!と厳しく注意を受けた、処理をするまで無視された、といったエピソードをお持ちの方が多いようです。

サッカーなどの団体競技の場合、チームメイトとのわだかまりは大問題につながります。そのため、郷に入れば郷に従えということで、海外で活躍するスポーツ選手の多くは、アンダーヘアの処理を習慣として取り入れていると言われています。

スポーツ選手のムダ毛処理は、マナーの面、メンタルの面でも重要なものなんですね。他人を不快にさせず、気持ち良くプレーするためにアンダーヘアを処理するという発想は、日本人にとっては新鮮なものかもしれません。

    < まとめ >

  • スポーツ選手とムダ毛処理、脱毛は深い関係がある
  • スポーツ選手にとってムダ毛を処理する意味は、想像以上に大きなもの
  • スポーツ選手の多くは良い記録を出すためにムダ毛処理を行っている
  • アスリート機能的な問題からムダ毛を自己処理するが、永久脱毛を受けているケースも多い

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)