足と腕の毛穴を目立たなくする方法



腕や脚のムダ毛処理に余念がないのに、毛穴がブツブツと目立ってしまい肌を人前にさらせない……。そんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、腕や足に見られる毛穴問題について考えていきたいと思います。


足と腕の毛穴が気になる…原因は?



足や腕の毛穴問題を解決するためには、毛穴トラブルが起こる根本原因を知ることが大切になります。

毛穴問題の根本的な原因とは

腕や足の毛穴が目立つ根本原因は「毛穴に大きな負担がかかっている」ということにあります。では、その大きな負担はどのようにして肌にかかっているのか?その負担には、ムダ毛の自己処理が深く関係しています。

腕や足のムダ毛処理には、カミソリや毛抜きが用いられることが一般的ですが、これらの道具を使用した自己処理は、想像以上に肌に大きな負担をかけます。


例えばカミソリを使った処理の場合、どんなに丁寧にムダ毛を剃ったつもりでも、角質層の表面を削り取ってしまいます。

ご存じの通り、角質層は肌のバリア機能を司り、外部からの刺激や雑菌などから肌を守ったり、肌の内側の水分が蒸散するのを防いだりする役割を担っています。


そんな角質層がカミソリによって削られてしまえばどうなるか、想像に難くないですよね。バリア機能が低下して肌が過敏な状態となる、もろくなった角質層の隙間から水分が蒸散して乾燥肌になるなど、様々な肌トラブルが引き起こされます。

さらに影響は毛穴にまで及び、乾燥して開いた毛穴が閉じなくなる、毛穴に付着した雑菌が繁殖して炎症や化膿を引き起こすといった問題も出てきます。


また毛抜きを使った処理の場合はもっと深刻で、ムダ毛を抜く際、肌表面のみならず、毛穴の内部や皮下組織にまで多大なダメージを与えるため、毛穴の炎症や化膿に加え、毛穴の隆起や埋没毛、毛包炎、色素沈着などを起こすリスクも跳ね上がります。

これらが、他の部位よりも自己処理回数が多くなりがちな腕や足に、毛穴問題が起きやすい理由なのです。

<関連記事>
Vライン脱毛でV全体の毛を薄くすることはできる?

毛穴の赤いブツブツ・黒いブツブツの違い



腕や足のブツブツには大きく分けて「毛穴が赤くなっているもの」と「毛穴が黒くなっているもの」の2つがあります。この2つのブツブツの違いはどこにあるのでしょうか?


・赤いブツブツの場合

毛穴が赤く隆起している場合、痛んだ毛穴に黄色ブドウ球菌などの菌が付着し、炎症を起こしている可能性大です。

症状が軽ければ、肌を清潔に保つ・保湿ケアを十分に行うなどの対策で改善できる場合がありますが、症状が重くなり毛嚢炎を引き起こしている場合は、医師による診察・治療が必要な場合もあります。


・黒いブツブツの場合

毛穴が黒ずんでいる場合は、皮膚の損傷やムダ毛処理の肌ダメージなどによって「炎症後色素沈着」が起きている可能性があります。

炎症後色素沈着は、毛穴の炎症(赤い炎症)が起き、その炎症による影響で毛穴の奥や毛穴周辺にメラニン色素が生成され、色素沈着を起こしている状態を指します。

自己処理後に適切なケアを行わなかったり、毛穴の炎症を放置してしまった場合などに起きやすい毛穴トラブルで、色素沈着を起こしている分、赤いブツブツよりも改善が難しいとされています。

赤いブツブツも黒いブツブツも、カミソリや毛抜きを使った自己処理が原因で起こるケースが多いとされています。そのため、根本的に改善するにはムダ毛の自己処理方法の見直しが必須となると考えられます。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?


足・腕の毛穴を目立たなくする方法は?



足や腕の毛穴問題は、多くの場合、肌ダメージの大きなムダ毛処理が原因となって起こるとされています。そのため、カミソリや毛抜きを使った自己処理を止めることで、毛穴が段々目立たなくケースが多いようです。

しかしながら、ムダ毛処理は女性にとって必須のお手入れの一つです。自己処理をしない訳には行かない!という方も多いはずです。そこで、足や腕の毛穴になるべく負担をかけないよう、次のことに気をつけながらムダ毛処理を行ってみて下さい。

併せて、ムダ毛処理前後に十分な保湿ケアを行うことで、毛穴の炎症や色素沈着をより効率よく改善できる可能性がありますので、是非試してみて下さい。

なるべく毛穴に負担をかけないムダ毛処理のコツ

・カミソリを使う場合は新しい刃を使用する
・プレケア、アフターケアを念入りに行って肌にバリアを張る
・必ず専用のシェービングフォームを使用する
・肌のバリアを剥ぐ石けんやボディソープは使用しない
・剃り残しが気になっても、同じ部分を何度も剃らない
・ケアに使用する化粧水やクリームはパッチテストを行う
・逆剃りは順剃りの後に1回だけ行う
・毛抜きは可能な限り使用しない


上記に気をつけて自己処理を行えば、肌や毛穴に多大なダメージを与えずムダ毛をそり落とすことができます。とはいえ、角質層を削り取ることを防ぐことはできませんし、処理を重ねれば肌ダメージも蓄積していきます。

そのため、腕や足の毛穴問題を根本的に解消したいと考える方には、自己処理回数を激減させることができる「脱毛」を検討することをおすすめします。

一番有効なのは脱毛!



脱毛サロンやエステの光脱毛であれば、脱毛期間中は肌ダメージを抑えながら抑毛することができますし、脱毛完了後はほとんど自己処理が必要なくなります。また、脱毛後は体毛が生えにくくなるため、徐々に毛穴が引き締まり、毛穴問題が起きにくくなるというメリットも得られます。

カミソリなどを使った自己処理と比較すると費用がかかるという一面がありますが、脱毛が完了すると自己処理がほとんど必要なくなるため、長い目で見ればコストパフォーマンスも上々だと言えます。

脱毛も毛穴問題の解消法の一つになり得ることを、是非覚えておいて下さいね。

<関連記事>
全身脱毛のメリットとデメリットについて

毛穴?二の腕や太もものぶつぶつは「毛孔性苔癬」かも・・・

毛穴のブツブツには、先にご紹介した毛穴の炎症や炎症後色素沈着によるもの以外に「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」と呼ばれるものも存在します。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)は、特に二の腕や太ももに出やすい皮膚疾患で、毛穴に角質が詰まってブツブツの丘疹が発生するという特徴があります。


毛孔性苔癬が生じる根本原因は、医学的にまだハッキリ解明されていませんが、遺伝によって引き起こされるという説が有力なようです。

毛孔性苔癬は良性疾患のため、健康に重大な悪影響を与えたり、他の部位や他人に感染するといった心配はありません。とはいえ、見た目や手触りの問題があるため、若い女性が発症すると心に対して大きな影響を与える懸念があります。


根本原因が判明していないため有効な対策も確立していませんが、

・丘疹を指で潰して内容物を絞り出す
・保湿ケアを怠る
・ナイロンタオルなどでゴシゴシ肌をこする

などの行為は絶対にNGとなっており、自宅でケアをする場合は尿素入りクリームを用いるのが一般的となっています。


いずれにしても毛孔性苔癬の改善は自力では難しいため、赤みや黒ずみのない毛穴のブツブツが生じた場合は、医師に相談することをおすすめします。

    < まとめ >

  • 腕や足のブツブツは、自己処理による肌ダメージによって引き起こされると考えられる
  • カミソリや毛抜きを使った自己処理を止めることで、毛穴問題が解消するケースは少なくない
  • 脱毛は肌ダメージの大きな自己処理回数を減らせるため、毛穴問題の有効な解決方法となり得る
  • 二の腕や太もものに生じる白いブツブツは、ムダ毛の自己処理と関係のない皮膚疾患「毛孔性苔癬」である可能性がある


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円