自己処理でできたシミ・色素沈着を解消するには?



ムダ毛の自己処理と切っても切れない関係にあるのが、色素沈着です。ムダ毛の自己処理をしている方の多くは、多かれ少なかれ、毛穴の黒ずみやシミといった悩みを抱いているのではないでしょうか?

元々、ムダ毛を処理して肌をキレイに見せたいという目的で処理をはじめたはずなのに、より厄介な色素沈着を起こしてしまったのでは本末転倒ですよね。

そこで、このページでは自己処理後にできたシミや色素沈着の改善方法などについて考えていきたいと思います。


自己処理後にできたシミ・色素沈着の悩み



自己処理後に起こりやすいシミ、黒ずみは、特にワキや脚に起こりやすいとされています。一般的にはシミや黒ずみを総じて色素沈着と括ることが多いのですが、「摩擦黒皮症」と呼ばれる場合もあるようです。

ムダ毛の処理後に見られる黒ずみやシミは、ある一定の範囲に限定して現れるケースが多い傾向にありますが、広範囲にわたって毛穴が黒ずみ、ポツポツと茶褐色の点点が生じることもあります。


この肌に現れる茶色の点の正体は毛穴に生じた色素沈着です。黒ずみやシミは肌表面に現れるのが通常ですが、実は毛穴の中の皮膚にも起こり、肌にポツポツとした点が多数生じ、見た目を著しく悪くしてしまいます。

自己処理後にできてしまった肌や毛穴の色素沈着は、早め早めのケアをすることである程度軽減・改善することができます。しかし手当が遅れた場合や、適切な対策が取れなかった場合は、シミや黒ずみが定着してしまい、長期間悩んだり辛い思いをしたりするため注意が必要です。

<関連記事>
Vラインのお手入れどうしてる?

自己処理によるシミ・色素沈着の原因



ムダ毛処理によるシミや色素沈着を適切にケアするには、まず原因を理解して但し対策を行うことが重要です。

色素沈着のメカニズム

色素沈着が起こる主な原因は、肌に対する強い刺激です。人間の肌は、外側から何らかの刺激が与えられると、その刺激から肌を守るためにバリア機能を持つメラニン色素が作られます。

メラニン色素はシミや色素沈着と深く関わりがあるため、美容の大敵のようなイメージがあるかもしれません。しかし、メラニン色素を含んだ表皮細胞は、紫外線や空気中のほこりや汚れといった外界の刺激から肌を守ってくれる強い味方でもあります。


実際、メラニン色素を含んだ表皮細胞は通常肌のターンオーバーに伴って表皮から剥がれ落ちるため、理屈の上ではシミや色素沈着を起こすことはなく、肌の色は次第に元に戻ることになります。

しかし、肌が不健康でターンオーバーが正しく行われていない場合や、短時間に強い刺激を受け、大量のメラニン色素が一度に作られてしまった場合などには、新陳代謝が正常に機能できず、メラニン色素が表皮に残り続け、色素沈着を起こす場合があります。


このメカニズムを頭に置いて、ムダ毛処理の手順を思い浮かべてみて下さい。自己処理後に色素沈着やシミができやすい理由がお分かりいただけたのではないでしょうか?

ムダ毛の自己処理をされている方なら自覚されていると思いますが、カミソリや毛抜きを使った処理は肌や毛穴に多大な負担をかけてしまいます。つまり、自己処理後は大量のメラニン色素ができやすい上、肌の新陳代謝やターンオーバーが乱れやすい状態にあるというわけですね。


カミソリや毛抜きを使用した処理は、肌に大きな刺激を与えるため、肌の方もメラニン色素を大量に作り出すという防衛本能を働かせます。一度や二度であれば問題は軽いのですが、頻繁に自己処理を行ってしまうと常にメラニンが大量に生成されることになってしまいます。

こうなると、表皮のメラニン色素が排出される前に新たな色素が常に発生する状態となるため、頑固なシミや黒ずみ、色素沈着が肌に残る危険性があるため注意が必要です。


自己処理でできたシミ・色素沈着を解消するには?



自己処理でできてしまったシミや色素沈着を改善するためには、原因であるメラニン色素の排出を促し、色素の生成を抑制するために肌のバリア機能を高めることが必要になります。

これを実現する解消法には次のようなものがあります。

肌に与える刺激を極力抑える

色素沈着の解消法の基本となるのは、なんといっても原因となる肌への刺激を抑えることになります。

カミソリや毛抜きを使用した自己処理は、肌への負担が非常に大きいため可能な限り避ける、もし行う場合も回数を最小限に抑え、プレケア・アフターケアをしっかり行うよう心がけましょう。

・プレケア
自己処理をする場合に気をつけたいのが衛生面です。不潔な肌にカミソリをあてたり毛抜きを使ったりするのは、絶対に避けましょう。

処理をする前にシャワーで雑菌を洗い流すことは大前提、可能であれば消毒できれば申し分ありません。また、肌を保護するために化粧水+乳液・クリームなどで保湿をしておくのも忘れずに。

<関連記事>
Oラインの自己処理ができない・・・

・アフターケア
処理後の肌はカミソリによる細かな擦過傷ができていたり、強い刺激や負担による熱を持っていたりするため、化粧水をしみ込ませたコットンなどでパックするのがおすすめです。コットンパックをすると冷却効果が得られ、炎症を抑えられます。

また、自己処理後の肌は大変乾燥しやすくなっていますので、保湿ローションなどを使って速やかに保湿することも大切です。

美白化粧水でケアをする



できてしまった色素沈着やシミの改善には、メラニン色素の排出を促す成分が配合された美白化粧水の使用がおすすめです。また、メラニン色素対策と同時に肌のバリア機能を高める保湿成分が配合されているコスメを選ぶと、相乗効果が期待できます。

メラニン色素の排出を促す成分、保湿効果のある成分には次のようなものがありますので、美白化粧品選びの際参考にしてみて下さい。


■できてしまったメラニンを薄くする美白成分
・ビタミンC誘導体
・ハイドロキノン

■メラニンを作る過程を阻害する美白成分
・アルブチン
・エラグ酸
・ルシノール
・カモミラET
・トラネキサム酸
・リノール酸S
・コウジ酸
・プラセンタエキス

■保湿成分
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・セラミド

美白化粧水は色素沈着の予防・改善効果が期待できますが、中には刺激が強いものも存在しますので注意が必要です。特に、自己処理直後の弱った肌に使用すると、思いもよらないトラブルが発生する危険性もあります。

美白化粧水は肌の状態をしっかりと確認しながら使用し、少しでも異常や違和感を感じた場合は使用を即中止し、医師に相談して下さい。

エステやサロンで脱毛する



「エステや脱毛サロンで脱毛をしたら、色素沈着が改善した」こんな口コミや評判を目にしたことはありませんか?

こういった意見に対して「どういう理屈でそうなるの?」と疑問を持つ方も多いかもしれませんね。確かに、エステやサロンで主に行われている光脱毛で色素沈着の改善効果が謳われることはありません。

しかし、サロンやエステで脱毛を受けることで、色素沈着やシミが薄くなったり改善したりする可能性は十分あると考えられます。

その理由として次のようなものが挙げられます。


1.肌の負担が減り、メラニンの生成量が減少する

エステや脱毛サロンで実施されている光脱毛は、自己処理と比較すると肌に対する刺激や負担がが少なくなっています。そのため、自己処理と比較してムダ毛処理にまつわるメラニンの生成量が減少することになり、色素沈着が薄くなることが考えられます。


2.使用されるジェルやローションに美白成分が配合されている

サロンやエステによって施術に使われるローションやジェルは異なりますが、お店によっては美白成分や保湿成分が豊富に配合されたものを使用しているケースがあります。施術を重ねることで、これらの成分の効果が現れ、シミや色素沈着が改善されるケースがあると言われています。


3.光脱毛による美肌効果

光脱毛は、フォトフェイシャルと同様に美白効果がある光を照射する脱毛法です。

フォトフェイシャルとは、シミの除去に使用されるマシンの一種で、顔に光の波長を照射して肌の奥にあるメラニンの排出を促します。光脱毛も特殊な光の波長を活用した脱毛施術ですが、実は原理・メカニズムは同じと言われています。

<関連記事>
全身脱毛するなら脱毛サロンとクリニック、どっちがいいの?

そのため、施術を重ねることでシミや色素沈着が改善することも期待できるという訳ですね。但し、光脱毛で使用される光の波長とフォトフェイシャルで使用される光の波長は異なるものですので、必ずしも美白効果が得られるわけではないという点は、しっかりと押さえておきたいところです。

    < まとめ >

  • 自己処理によるシミや色素沈着は、肌にかかる刺激が原因でおこる
  • できてしまった色素沈着やシミを改善するには、まず肌への刺激を抑えることが大切
  • 色素沈着の改善に美白化粧水の使用が効果的だが、使い方には注意が必要・サロンやエステで受けられる光脱毛にも、色素沈着やシミを薄くする効果が期待できる



全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円