【お手入れナシの美眉が理想!】脱毛サロンで眉毛の脱毛がしたい!



メイクには様々な流行がありますが、眉ほど時代の移り変わりや流行りによって変化するパーツはないのではないでしょうか?

時代は細眉からナチュラルな太眉へ

1950年ごろはオードリー・ヘップバーンの眉に代表される太くて短めの眉毛がトレンドとなりましたし、1960年ごろになるとミニスカート旋風を巻き起こしたツイッギーのような丸みを帯びた細いラインの眉が流行りました。

近年では、1990年代の安室奈美恵のような細眉、2000年代の少し太く色の薄い眉などが流行しましたが、最近は本来の眉の形を活かしたナチュラルな太眉がトレンドとなってきています。

綺麗な眉毛をキープするのは難しいですよね・・・

このように、眉の形や大きさは時代の流れに従って変化を見せている訳ですが、どのような眉が流行ろうとも、眉のお手入れは女性とは切っても切れない間柄となっています。

特に、今流行のナチュラルな太眉は、ちょっと手を抜くと自然に見えるどころかボサボサで野暮ったい印象になってしまうので、こまめなお手入れが必要なもの。眉の手入れが面倒でうんざり……、なんて考えている方も多いのではないでしょうか?


そこで、今回は眉のお手入れが少しでも楽になる方法について考えてみたいと思います。


綺麗な眉毛をキープするためにみんなはどんな方法で処理してる?!



最近はナチュラルに見える太眉が流行っているためか、眉毛が伸びているにも関わらずほったらかしにしている方が見受けられます。

しかし、眉をほったらかしにすると自然に見えるのではなく、野暮ったくだらしなく見えてしまいます。眉毛は必ず伸びるものですので、定期的にカットすることを忘れないようにしましょう。

眉毛の基本的なカット方法は次の通りです。

     ■用意するもの
  • 眉用ハサミ
  • アイブロウブラシ
  • 眉コーム
  • 毛抜き
  • 顔用シェーバー

1.眉の形を決める




キレイな眉の形を作るうえで目安となるのが「眉の黄金比」です。

①目頭の上に眉頭がある
②正面を見たとき、目尻側の白目の真上に眉山がある
③目尻と小鼻の延長線上に眉尻がある


この3つのポイントを押さえて眉の形を整えると、流行に左右されない美しい眉を作ることができると言われています。

眉をカットする際には、上記のポイントに気をつけながら眉頭・眉尻・眉山の位置を決めると良いでしょう。また、眉カットが苦手な方は眉山や眉尻にアイブロウペンシルなどで印をつけておくと、ガイドができるためカットがやりやすくなりますよ。

2.ブラシで眉の流れを整える

カットがしやすいよう、アイブロウブラシで眉毛を毛の流れに沿ってとかしておきます。こうすることで、自分の眉の本来の形を知ることができます。

3.無駄な産毛やムダ毛を剃る

自分の眉の形が分かったら、顔用シェーバーで産毛やムダ毛を丁寧に剃ります。

ここで気を付けたいのが、眉の形を無理に変えないようにすることです。本来の眉の形を無視して剃りこんでしまうと、剃りあとが青くなったり、見た目が不自然になったりしてしまいます。

4.眉の形を整える

再度ブラシで眉をとかし、伸びすぎた毛や理想とする眉の形からはみ出している毛をハサミでカットします。この時、眉コームで眉毛を軽く押さえながらカットすると、キレイにムダ毛を処理することができます。

自然な雰囲気の眉にしたい場合は、一気に何本も切るのではなく、一本ずつ切りながら形を整えるのがおすすめです。

5.眉下のムダ毛を処理する

眉から離れたところに生えたムダ毛などを毛抜きで抜いていきます。この時、くれぐれも眉の形に関わる毛は抜かないよう気をつけましょう。また、抜きづらい細い毛や産毛を無理に抜くと肌や毛穴を痛めてしまいます。

毛抜きで抜くのが難しい場合には、シェーバーでの処理がおすすめです。処理が終わった後は、フェイスブラシなどを使って顔に付着した毛を優しく取り去ってあげましょう。


眉カットを苦手に感じる方は多いと思いますが、基本を押さえて丁寧に行えば失敗せず、キレイに眉を整えることができますよ。

また、自分に似合う眉の形がよく分からない、基本となる眉の理想形がなかなか作れないという方は、一度美容室やエステなどでプロに眉を整えてもらい、その時の眉の状態や形を今後のガイドとすると良いでしょう。

<関連記事>
Vライン脱毛でV全体の毛を薄くすることはできる?


やっぱり定期的な処理は面倒!1年中、美眉をキープしたい!!



「眉の基本的なお手入れ方法は分かったけれど、頻繁に処理するのはやっぱり大変……」と考える方もいらっしゃると思います。

確かに、基本的なカット方法でも、実践するとなると結構時間がかかります。その上、数日おきに処理が必要となると、げんなりした気持ちになるというのも頷けます。

そんな方におすすめなのが脱毛です。

眉毛は脱毛処理するのがおすすめ!

眉毛脱毛とは、眉毛を全体的に処理するものではなく、明らかに必要ない毛だけを脱毛するというものです。

眉上や眉尻に生えているムダ毛だけでも脱毛できれば、日々のお手入れはグッと楽になりますし、剃ったり抜いたりする際の肌ダメージを軽減することもできるのでメリットは大きいです。

頻繁な眉カットが面倒、眉の手入れの度に肌荒れしてしまうという方は、選択肢の一つとして眉脱毛を考えてみてはいかがでしょうか?

<関連記事>
全身脱毛でも「全身」を脱毛できるとは限らない?


【必読!】眉毛脱毛にはいくつかの注意点があります!


脱毛サロンは眉毛脱毛NG!

眉脱毛は眼球近くの施術となるため、施術時の事故を回避するという考えから実施していないサロンが多いという問題があります。

万が一、脱毛時に照射される光が眼に入ってしまった場合、網膜にダメージが与えられるのは必至ですし、最悪の場合失明してしまう可能性もあります。このことを考えれば、お店側が消極的になるのも当然のことでしょう。

眉上(おでこ)の脱毛なら可能

眉毛の脱毛が可能なサロンでも、眉下や眉間の脱毛はNGとしているサロンがほとんどです。理由は上で述べた通り、網膜へのダメージリスクを考慮してのことです。

ちなみに、眉下は医療機関で行うレーザー脱毛も不可能なところが多いです。光やレーザーを使用しない電気針脱毛であれば、眉下や眉間の脱毛が可能です。

眉毛は元通りにならない

まだ、脱毛した部分からは体毛が生えにくくなるため、自分の持ち前の眉の形を崩すような脱毛はNGです。冒頭にも書いた通り、眉は流行に合わせて形を変えるものです。

スタッフや施術者と十分な話し合いをしないまま眉脱毛をしてしまうと、後々、必要とする部分に眉毛が生えてこなくなった!なんて取り返しのつかない事態に陥る危険性もあります。

眉脱毛を希望する場合は、まず信頼がおけるお店を探すこと、そして実際に施術を受ける前には、必ず納得がいくまでスタッフと話し合いやカウンセリングを重ねるよう心掛けましょう。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?

    < まとめ >

  • 眉は流行に合わせて大きく形を変えていくパーツ
  • 眉のカットに苦手意識を持つ方は、一度基本に立ち返ってカット方法を覚えよう
  • 眉脱毛は面倒な眉カットを楽にしてくれる脱毛施術
  • 眉脱毛は目に近い部位の施術となるため、失明の危険性などを考えて実施していないサロンが多い
  • 眉には流行があるため、不用意に脱毛するのはNG


全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円