自己処理のカミソリ負け、赤み対策



カミソリは自己処理ツールの中でも特にコストパフォーマンスが良く、手軽で処理の時間もかからないことから、たくさんの女性に愛用されています。

カミソリが肌に与える影響の大きさ、肌トラブルのリスクなどを理解していても、ムダ毛処理にかかる費用や利便性などを考えるとカミソリを手放せないという方も少なくないのではないでしょうか?

しかし、それゆえにカミソリによる炎症やかゆみなどのカミソリ負けに悩む女性は後を絶ちません。

そこで、このページでは自己処理後に起こるカミソリ負けの対策について考えていきたいと思います。


カミソリ負けの原因



カミソリはその性質上、どうしても肌に与える影響が大きくなる傾向にあります。しかしながら、正しい使い方を徹底していれば、赤みや炎症といったカミソリ負けをある程度防ぐことができます。

ここで、カミソリ負けの原因をまとめてみましたので、自分の処理方法がカミソリ負けを招いていないか一度チェックしてみていただければと思います。

同じ場所を何度も剃ってしまう

カミソリでムダ毛を処理すると、肌の表面に体毛の断面が見えて黒いボツボツが残ってしまう場合があります。これを剃り残しだと思って、何度も何度も同じ場所を剃ってしまう方がいらっしゃいますが、これはNGです。

確かに、黒いボツボツは肌の表面にわずかに出ている体毛によるものですが、これを気にして同じ箇所を繰り返しカミソリで剃ってしまうと、肌の表面が必要以上に削れてしまったり、細かな擦過傷が肌に残ってしまったりする危険性があります。

その結果、カミソリ負けの炎症や赤みができやすくなり、場合によっては化膿や色素沈着まで症状が発展してしまい可能性があります。黒いボツボツが気になった場合は、その場では処理を諦め、肌の状態を見ながら日を改めて再度挑戦するようにしましょう。

逆剃りをする

カミソリを使った自己処理では、毛の流れに沿ってカミソリを滑らせるのが一般的です。しかし、それではキレイに剃ることができないからといって、毛の流れに逆らって逆にカミソリ刃を走らせる逆剃りをする方がいらっしゃいます。

確かに、逆剃りは毛の流れに沿った剃り方よりも処理がしやすく、一見すると仕上がりもキレイになります。ですが、逆剃りは肌だけでなく毛穴にも負担がかかる処理方法のため、やはり赤みや色素沈着を起こしやすくなってしまいます。

プレケアに問題がある



自宅で自己処理をする場合、大変重要になるのが処理前の事前ケアです。処理する部分を優しく洗って清潔にする、ここまでは多くの方が実践しています。

しかし、自宅で自己処理をする場合、入浴のついでにカミソリ使った自己処理をするという方が多く、泡立てたボディソープや石けんをシェービングフォーム代わりにする方が非常に多いという問題があります。

実は、泡立てたボディソープや石けんを肌にのせてカミソリを使うと、肌が乾燥しやすくなり、赤みや炎症などを起こすリスクが高まります。

これは、ボディソープや石けんが肌の皮脂を洗い流してしまうためで、シェービングフォームの代わりになるどころか、わざわざ肌のバリア機能を低下させてしまうことに繋がってしまいます。

カミソリで処理をする場合は、必ず専用のシェービングフォームを使用し、肌を保護してからムダ毛を剃るようにしましょう。また、シェービングフォームを塗る前に、肌をしっかり保湿しておくとより効果的です。

アフターケアが十分でない

処理後のアフターケアが十分でないのも、カミソリ負けの原因の一つです。処理後に疲れてしまった、面倒だったという理由でアフターケアをおざなりにする方もいらっしゃいますが、これも当然NGです。

カミソリをあてた後は、必ず保湿ローションなどで肌に水分を与え、クリームや美容液で肌表面を保護して保湿を行わないと、肌の乾燥が進んだり、バリア機能が低下したりと肌トラブルリスクばかりが上昇してしまいます。

シェービング専用の保湿ケアアイテムを準備する必要はありませんので、手持ちのコスメを利用するなどして、必ずアフターケアを行いましょう。

カミソリの刃を交換していない

カミソリ負けの原因として意外に見逃しがちなのが、カミソリの刃の劣化です。

劣化したカミソリの刃を使い続けると、衛生面での問題があるだけでなく。切れ味が落ちているため、ムダ毛が引っかかって毛穴に大きな負担がかかる、キレイに剃れないため何度も同じ箇所を剃ってしまい肌ダメージが増大するなど、カミソリ負けを引き起こす要因をたくさん作ってしまいます。

カミソリの刃のパッケージには、推奨の交換時期が明記されている場合が多いので、それを目安に定期的に刃の交換を行うようにしましょう。また、推奨される交換時期を迎えていなかったとしても、切れ味が悪いなどの劣化が感じられたら速やかに交換することが大切です。

<関連記事>
全身脱毛にはどのくらいの期間がかかるの?


カミソリ負けを予防するには



カミソリ負けを予防するには、その原因を取り除くのが一番です。前項で原因について紹介済みですので、ここでは予防策について簡単にご説明していきましょう。

プレケア・アフターケアに使うローションやクリームを用意する

肌になるべく負担をかけない処理を行うためには、肌の状態をしっかりと調え、処理の前後で肌を保護しておくことが大切になります。

そのため、肌を保湿するローションやクリーム、肌を保護しカミソリの刃あたりをなめらかにするシェービングフォームなどを事前に準備しておきましょう。

カミソリの刃の予備を準備しておく

切れ味の落ちたカミソリの刃を使って処理をしてしまうと、肌に重大なダメージが与えられてしまいます。カミソリの刃はいつでも交換できるよう、予備を常備しておきましょう。

毛の流れに沿ってカミソリを走らせ、逆剃りは控える

肌になるべく負担をかけないように、カミソリは毛の流れに沿って走らせるよう心がけましょう。逆剃りは肌ダメージが大きくなるためNGです。また、キレイ深ぞりできなくても同じ箇所を何度も何度も剃るといった行為も控えましょう。

体調に問題がある時は処理をしない

体調不良時には、当然肌も弱っています。そういった状態でカミソリを使った自己処理をしてしまうと、肌が過敏に反応してしまい、カミソリ負けによる赤みや炎症を作りやすくなってしまいます。

体調が優れない時や生理時にはムダ毛処理を控え、体調と肌の調子を整えることに集中しましょう。

<関連記事>
生理中でもVIO脱毛はできるの?


カミソリ負けしやすいデリケートなお肌は脱毛がおすすめ!



カミソリ負けを防ぐ方法をご紹介してきましたが、どんなに細心の注意を払って処理を行っても、カミソリ負けが出てしまうという方がいらっしゃいます。それは、以下のような体質、肌質を持つ人に多いとされています。

・体毛の量が多く濃い、剛毛タイプの人
・肌が弱く刺激に過敏に反応してしまう、敏感肌の人
・小さな炎症も目立ってしまう、色白の人


これらに該当する方の場合、カミソリ負けの原因を十分理解した上で処理を行っても、赤みやかゆみといったカミソリ負けが出る場合が多々あるので要注意です。

どんなに頑張ってもカミソリ負けから解放されないとお悩みの方には、やはり専門家による施術が受けられる、エステやサロンでの脱毛がおすすめです。

<関連記事>
ビキニライン(Vライン)脱毛の脱毛サロン選びは慎重にね!

エステやサロンで実施されているフラッシュ脱毛(光脱毛)は、カミソリよりも刺激や肌負担が少なく、処理する回数もグッと抑えられるため、赤みや炎症などに悩まされることもなくなるはずです。

最近は多くのエステや脱毛サロンで無料カウンセリングを実施していますので、カミソリ負けにお悩みの方は、一度相談してみると良いでしょう。

    < まとめ >

  • カミソリによる自己処理は非常に肌ダメージが大きい
  • カミソリ負けを改善するには原因を取り除くのが大切
  • カミソリ負けの原因を取り除いても、一部の方には炎症や赤みでることがある
  • 敏感肌や剛毛、色白体質の方には、エステやサロンでの脱毛がおすすめ

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)
ストラッシュ
ストラッシュ
SHR脱毛と呼ばれる最新の脱毛方式により、毛周期に関係なく脱毛ができます。最短6ヶ月での脱毛も可能です。また、従来の脱毛のように黒い色素に働きかけるのではなく、毛包自体に作用するため、産毛や日焼けの方でも脱毛ができます

全身61ヶ所 月額プラン】  月額7,980円
  【全身脱毛 6回パック】 合計95,760円