Vラインのお手入れどうしてる?



Vラインは腕や足のように多くの人に見られる部位ではありませんが、お手入れや処理するにあたって最も悩んでしまう部位ではないでしょうか?

まったく処理していないという方もいれば、綺麗に整えているという方もいます。今まで自分では気にしていなかったという方でも、恋人ができれば相手がどう思うのか気になってしまいますよね。

場所が場所なだけに、友達にも聞きにくいVラインのお手入れ、みんなはどうしているのでしょうか?



Vラインのお手入れ、みんなはどうしてる?



海外では、Vラインはじめアンダーヘアのお手入れは当たり前だと言いますが、日本ではまだそこまで浸透していませんよね。

しかし、最近ではリーズナブルな脱毛サロンが増えたことから、Vライン脱毛を始める女性は少なくなく、以前よりも確実にアンダーヘアのお手入れに関して関心を持つ女性が増えてきたと言えます。

Vラインの一般的なお手入れ方法といえば、ダントツで毛抜きやカミソリです。誰もが一度は使用した経験があると思いますが、費用もかからず手軽に処理できるので重宝されています。

<関連記事>
みんなが知りたい、ハイジニーナ脱毛事情!

しかし、カミソリや毛抜きの処理は大きなデメリットがありますので、その点に注意してお手入れしなくてはなりません。


Vライン処理、カミソリや毛抜きのデメリットは?


カミソリは処理しても汚い仕上がりに・・・

Vラインは体毛の中で最も太く濃いため「剃り跡が黒く点々と目立ってしまった」と嘆く声も多くあります。処理しても、剃ったのがバレバレであっては、水着姿になるのも恥ずかしいですよね。

加えて、カミソリ処理だと肌表面の毛が無くなるだけなので、処理してもすぐ生えてきますし、生え始めた毛がチクチクと刺さってかゆみを伴うことがあります。また、繰り返し行うことで、摩擦や乾燥によって肌が黒ずんでしまう可能性もあるでしょう。

水着になる夏場だけお手入れしたい!とか、一時しのぎの処理には適していますが、長期的に見ると、繰り返すほどに肌がどんどん汚くなってしまいますので、おすすめできません。

毛抜きは肌トラブルが起こりやすい・・・

毛抜きの場合は根元から抜くため、次に生えるまで期間が空くのがメリットです。しかし、薄い皮膚から強引に引っ張るのですから、肌にかかる負担は相当なものです。

「肌がブツブツになってしまった」という経験者も少なくありません。まあ、毛穴から雑菌が侵入して炎症を起こしたり、生えてきた毛が皮膚内に留まる埋没毛のリスクが高まるなど、毛抜きを使うデメリットはカミソリ以上に大きいものがあります。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、自己処理のリスクとは?

Vラインはデリケートな部位ですので、こうした手軽にできる処理はできれば避けるのが賢明です。

肌の黒ずみ・色素沈着やぶつぶつは、一度できてしまうと綺麗に治すのが難しいため、将来のお肌のことを考えると手間であっても安全で確実な方法でお手入れすることをお勧めいたします。


みんな実践中!Vラインを綺麗に安全にお手入れする方法!



では、みんなどうやってVラインをお手入れしているのか気になりますよね。ここでは、女子が実践中の、安全かつ綺麗に仕上げるためのVラインお手入れ方法について紹介します。

セルフならシェーバーでの処理が安全

セルフでやる場合は、カミソリではなく電気シェーバーを使用して処理することをお勧めします。電気シェーバーは、顔用など小回りの利くコンパクトなものが比較的安価で売られています。

カミソリに比べてしまうと高価ではありますが、安全性は確かで肌へのトラブルも最小限におさえることができるでしょう。


お手入れ方法としては、まずVラインの処理する範囲を決めます。毛が長いとシェーバーに絡まる危険性がありますので、処理する箇所のみはさみなどで短めにカットしておくとよいでしょう。

そして毛流れに沿って刃を当て、処理していきます。最後にクリームやローションなどで保湿をしてあげると、毛穴もきゅっと引き締まって綺麗に仕上がりますよ。

ただ、シェーバーもカミソリと同様に、処理後数日経てばすぐに生えてしまうので、こちらの方法はあくまでも一時しのぎのお手入れとして最適な方法をご紹介いたしました。

綺麗な仕上がりを求めるなら脱毛サロン



今、Vラインのお手入れ法として一般的になってきているのが「脱毛」です。Vライン脱毛は、永久的にムダ毛が生えてこなくなるので、処理の手間や時間が省けるだけでなく、カミソリや毛抜きのように肌への負担が少ないため、綺麗に仕上げることが可能です。

また、セルフでVライン処理しようと思うと、どこまで沿っていいのか範囲が難しいですよね。剃りすぎちゃって変な形になっちゃった…なんて失敗も少なくありません。その点、脱毛サロンは本当に余分な場所のみ処理してくれるので、ナチュラルな形のVラインが完成するでしょう。


そして、フラッシュ脱毛は、フォトフェイシャルなどエステで用いられる特殊な光を使用しており、美肌効果も期待できます。自己処理で荒れた肌や黒ずみも、フラッシュ脱毛を受けることで改善されていくでしょう。これを聞くと、Vラインに限らず全身脱毛にもチャレンジしたくなりますね。

<関連記事>
全身脱毛のメリットとデメリットについて

また、サロンによって異なりますが、脱毛後はオリジナルの保湿剤によってお肌に潤いを与えてくれます。脱毛サロンでは、こうした保湿ケアによって脱毛しながら美肌を目指せるのが嬉しいですね。

まとめ

肌への負担を考慮したら、プロに脱毛してもらうのが最適な方法といえます。脱毛サロンでは、知識と技術力を備えた優秀なスタッフが施術を担当しますので、敏感で繊細なVラインの脱毛も、安心してお任せできます。

Vラインは見られるのが恥ずかしくて、サロンに通うのを躊躇している人も、実際に脱毛してみたら、悩んでいた無駄な期間を後悔するかもしれません。

今はワキと同様にVラインもポピュラーな脱毛部位となっていますので、お得な価格で脱毛できるサロンも多くあります。Vラインのムダ毛でお悩みの方は、脇や腕・足脱毛のついでにこっそり始めてみてはいかがでしょうか。



Vライン脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

ミュゼ・プラチナム
ミュゼ・プラチナム
Vラインとワキの美容脱毛完了コースがワンコインで受けられる、という破格の安さを実現した脱毛サロンです。店舗数が多く接客も丁寧なので、初めての方でも通いやすい点も魅力です。

価格:300円(Vライン+両ワキ美容脱毛完了コース+お好きな部位2か所)
ジェイエステ
ジェイエステ
創業37年と長い歴史と実績を誇る老舗脱毛サロンです。カウンセリングに力を入れており、一人一人の肌質に適した脱毛を実現してくれます。店舗数が少ないのがデメリット。

価格:300円(Vライン+両わき+お好きな部位2か所)
TBC
TBC
TBCでは現在主流の光脱毛はもちろん、白髪にも効果的なスーパー脱毛が受けられます。濃いムダ毛や白髪混じりのVラインを完璧に処理したい、という方におすすめの脱毛エステサロンです。

初回価格:1,000円(ライト脱毛2回、スーパー脱毛40本))