【キャンセル必要?】脱毛サロン、生理中でも脱毛施術は大丈夫なの?



生理が毎月定期的に訪れる方であれば、生理予定日を避けて予約を入れるだけで問題ありませんが、生理不順の方や仕事やプライベートのストレスなどで生理周期に狂いが出ている方の場合は、生理を確実に避けて予約を入れるというのは困難ですよね。

当日に生理が重なってしまった場合、脱毛施術は受けられるのでしょうか?

そこで、ここでは、脱毛当日に生理が来てしまった場合の対処法などをご紹介していきたいと思います。


「脱毛当日、生理と被っちゃった!」生理中も脱毛できるの?



生理中の対応は、脱毛サロンによって異なるというのが実情です。対応は大きく分けて以下の2つが一般的となっています。

・生理中もVIO以外の部位であれば脱毛可能
・VIO以外の部位も含めて脱毛不可


大手脱毛サロンを確認した限り、生理中のVIO脱毛を許可しているサロンはありません。これは、生理の特性を考えれば当然のことですね。

代表的な大手サロンの対応をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

生理中でも脱毛OKな部位 生理を理由としたキャンセル料
ミュゼ VIO以外はOK 無料
TBC VIO以外はOK 3000円
エピレ VIO以外はOK 1000円
銀座カラー VIO以外はOK 施術1回分消化
脱毛ラボ 生理前後3日間脱毛不可 施術1回分消化
キレイモ 脱毛不可 無料
シースリー 脱毛不可 無料

これだけ見ても、サロンによって生理中の対応に大きな違いがあることがお分かりいただけると思います。

生理が不順な方は、予約のキャンセル料が安いところや、VIO以外の部位の脱毛を実施しているサロンを選ぶようにしておきましょう。

<関連記事>
生理中でもVIO脱毛はできるの?


「VIOはやっぱりダメ・・・」生理中の脱毛NGの理由は?


脱毛効果が出にくい

生理中は女性ホルモンのバランスが崩れていることから、脱毛の効果が出づらくなってしまいます。

肌が敏感な状態である

また、ほとんどのサロンで生理中のVIO脱毛を禁止していますが、これはVIOラインが特にデリケートな部位であることが関係しています。

生理中は肌の状態が過敏になっているケースが多く、通常の施術では問題がない方でも、生理中に脱毛を行うことによって、赤みや炎症、火傷といった肌トラブルを引き起こしやすくなる危険性もあります。

特にVIOは通常の状態でも痛みが出やすく、肌トラブルのリスクも高い部分です。それだけに、サロン側もリスク回避の意味で脱毛を実施しないよう徹底しているのです。

衛生的な問題

衛生的な問題もあります。生理中にVIOラインの脱毛をするとなると、どうしても施術台のシーツやスタッフの指などに経血が付着してしまいます。

経血は除菌シートなどで清掃を行っても完全に殺菌するのは困難です。また、脱毛機は大勢の人に使用されており、経血から感染症など引き起こす可能性も否定できませんので、スタッフ側も衛生面の管理を徹底する必要があります。


では、タンポンをつけて経血が出ないようにすれば大丈夫なんじゃない?と思う方もいるのではないでしょうか。ですが、それでもほとんどのサロンでは施術NGです。

なぜなら、経血の問題以上に、肌がデリケートな状態であることが懸念されるためです。上でもお話したように生理中の肌は過敏な状態であり、特にデリケートゾーンの場合はショーツ内の蒸れによってかぶれやすくなっています。かぶれたお肌への照射は危険を伴います。


このような理由から、顧客の身体への影響や衛生面を考慮して多くのサロンでは、生理中のVIOラインの脱毛をNGとしているのです。

<関連記事>
Vライン脱毛でありがちな悩みにお答えします!


VIO以外の箇所の対応に違いが見られるのはなぜ?



まず押さえておきたいのが「生理中の脱毛を断らないサロンであっても、基本的に生理中の脱毛施術は推奨していない」ということです。

先にもご説明しましたが、生理中はホルモンバランスの乱れるため施術の効果が出にくく脱毛に適した時期ではありません。


脱毛によって肌トラブルを起こしやすくなっていますし、血液の付着による衛生面の問題、感染リスクなどがありますので「できれば施術を見送って欲しい」というのがサロン側の本音です。

しかし、忙しい現代女性にとって、一度入れた予約を入れ直したり、スケジュールを組み直したりするのは大変なことです。その点を慮って、極力肌にダメージを与えない優しい施術、弱い出力での照射などを行っているサロンがある、という訳です。


弱い出力ということは、脱毛効果も弱まります。パックプランの場合は、貴重な1回分をそれに当ててしまうのはもったいない気がしますよね。かといって、女性の生理現象でいちいちキャンセル料を取らてしまうのは納得いきませんよね。

繰り返しになりますが、生理日の施術はすべてのサロンで推奨していません。そのため、生理によるキャンセルがしやすいかどうかサロン選びの際は、その点についてしっかり確認しておくと良いでしょう。


当日キャンセルするとどうなる?



当日キャンセルに対する対応もサロンによって大きく異なります。「生理中も脱毛できる?」の項でご紹介しましたが、どのサロンもキャンセル自体は可能です。

しかし、ミュゼプラチナムやキレイモのようにキャンセル料無料のサロンがある一方、TBCのようにキャンセル料が数千円かかるところ、銀座カラーのようにコース1回分が消化される所などがあり、その対応は様々です。


ただ、一概には言えませんが、キャンセル料は「当日キャンセルの場合に発生する」というケースが多く、前日までに連絡をすることでキャンセル料なしで予約の振替が行えることもあります。

とはいえ、連絡の有無を問わず問答無用でキャンセル料が発生したり、コースが1回分消化されるサロンも存在しますので、キャンセル関連に関しては無料カウンセリング時に十分確認しておきましょう。


なお、本来であれば無料カウンセリング時にキャンセル時の対応に関して詳しい説明があってしかるべきなのですが、中にはわざと説明を省き、キャンセル料で売上げを上げようとする悪質なサロンもあるので注意が必要です。

<関連記事>
ハイジニーナ脱毛、生理中の不快な悩みを改善したい!


生理不順で予約がしづらいという方は・・・



脱毛サロンでは、生理予定日を避けて予約を入れるのが基本となっています。しかし、体質的に生理不順の方や、ストレスなどで生理の周期に狂いが生じている方の場合、予定日がずれてしまうことが珍しくありません。


そのため、生理の周期に不安がある方は

  • 前日または当日キャンセルでもキャンセル料がかからない
  • 生理中でもVIO脱毛以外に対応している
  • 無料で予約日の振替をしてくれる
  • キャンセルをしても次の予約がとりやすい

こういった点を重視しながらサロン選びをすると良いでしょう。これらのポイントは、無料カウンセリングの時点で確認できておくと安心です。

    < まとめ >

  • 生理中の脱毛施術についての対応はサロンによって異なる
  • 生理中もVIOライン以外の部位に限って脱毛可とするサロンもある
  • 一部サロンでは、顧客の健康への影響を考えて生理中や生理前後の脱毛を受け付けていない
  • 生理期間は脱毛効果が出にくい、肌トラブルが起きやすいという理由からすべてのサロンで脱毛を推奨していない
  • 生理周期が一定でない方は、柔軟なキャンセル対応をしているサロンを選ぶのがおすすめ

全身脱毛の脱毛サロン、人気ランキング

キレイモ
キレイモ
全身脱毛はもちろん、スリムアップや美肌にこだわった女性のための脱毛エステサロンです。学割や乗り換え割など、全身脱毛がお得に受けられる割引サービスを多数展開中。

価格:月額固定9,500円(顔含む33か所)
脱毛ラボ
脱毛ラボ
高速連射脱毛器を導入し、全身脱毛の施術時間が大幅に短縮されました。美容ジェルを使用する「S.S.C脱毛」を採用しているため、痛みのない脱毛が叶います。

月額プラン価格:月額1,990円(顔含む48箇所)
パックプラン価格:87,870円(顔含む48箇所)
シースリー
脱毛ラボ
全身脱毛の中でもリーズナブルな価格帯が魅力。全身脱毛が最短45分で行えるため、忙しい新社会人やOLさん達からも人気を集めています。永久保証付きの脱毛サロンです。

価格:月額7,500円(顔含む53箇所)